革と共に生きる〜レザークラフト〜

レザークラフトの魅力やレザークラフトを通して成長していく様子を書いていきます。

物置を簡易防音工房と倉庫へ②

今回は材料調達と施工に入っていきます。

物置の寸法を測り、材料を調達します。

私の場合は、材料の無駄を出したく無いことと、うまくいくか不安なこともあり、面倒ですが少しずつ材料を買い足していきました。

 

【壁の施工(骨組み)】

材料

○米松24×48×3000mm

○T字金具65mm  

○ISOボルトユニクロバラ6×35mm

○ミガキワッシャーバラ6×13
○6角ナットバラユニクロ

 

用意する道具

○電動ドリルドライバー

○チタンコーティングドリル刃6mm

○木工用ドリル刃6.0mm

○レンチ

 

躯体に穴を開けないようにしたかったので、物置のボルトをそのまま流用し、木材を固定することにしました。

 

米松の24×48×3000mmとT字金具で枠組みを作っていきます。

今回24×48×3000を選んだ理由は、6本で1,080円と安かったことと、具体の出っ張りのサイズが25mmだったのでちょうどいいサイズだったからです。

あとは、断熱材として使用を検討しているアクリアマットグラスウールが10k.50mm 幅43.長さ2,880×9.5坪ということで、グラスウールをはめる幅が欲しかったのでこのような施工方法にしました。

 

ホームセンターで木材を長さ2,090mmにカットしてもらいました。

 

①T字金具の穴を広げます。

物置のボルトが6mmのものを使用していたので、T字金具の2箇所の穴を電動ドリルドライバーで6mmに広げます。

結構簡単に穴を広げることができました。

f:id:t-kleft:20201119222106j:image

 

躯体に取り付けるとこんな感じです。
f:id:t-kleft:20201119222109j:image

それをひたすら繰り返して、躯体に固定していきます。

 

取り付け終わったら木材を当てて、木材に穴を開ける箇所に印をつけて、木材に穴をあけます。

 

T字金具にボルト、ワッシャー、ナットで取り付けていきます。ボルトを締める時は反対側のボルトをレンチで固定して締めるとしっかり締まります。

f:id:t-kleft:20201119224924j:image

躯体にはボルトで止めてある箇所が2箇所しかないですが、木材もしっかりと固定できました。

 

上の部分と下の部分は木材をカットしてもらったときに出た端材で枠組みを作っていきました。

継ぎ目はこんな風にすると強度が確保できます。(後でT字金具で固定する予定)

f:id:t-kleft:20201119225635j:image

下もこんな感じ。f:id:t-kleft:20201119225638j:image

木材カットの寸法は、土台のサイズなどを差し引いたものでカットしてもらって下さい。

 

壁の枠組みができてきました。

f:id:t-kleft:20201119230951j:image

 

次回は遮音シートを貼っていきたいと思います。

 

物置を簡易防音工房と倉庫へ①

今回は、物件を購入した時に付いていた物置を簡易防音工房と倉庫にしていく過程を書いていきます。

 

現在、本宅の中にレザークラフトができるスペースはあるのですが、せっかくでかい物置が付いているので活用しようと思いました。かなり古いですが…。

f:id:t-kleft:20201117182122j:image

 

【今回のコンセプト】

①物置を工房と倉庫にする。(ギターを弾ける

 ように簡易的な防音室みたいな構造にする)

②できる限り低コストで作る。

③物置の躯体にはできるだけ穴を開けない。

 

物置には棚がついており、全てを工房にしてしまうと、棚が使えなくなってしまうことになります。

棚を材料を置いたりそのまま活用する為に、工房と倉庫を半分ずつにする事にしました。倉庫部の壁や床は後で考えるとして、工房から作っていきます。
 

まずは計画です。

 

【壁の構造】(簡易防音室仕様)
外壁→遮音シート→アクリアマット(吸音+断熱)→針葉樹林合板


※壁に石膏ボードが遮音性も高く良いみたいですが、処分が大変みたいなので断念。遮音シートと吸音材の順番は、吸音材である程度減音したものを遮音シートで跳ね返す方が良いみたいなので、外壁→遮音シート→アクリアマットの順番で施工することにしました。

 

内壁はガレージなんかに良く使われるobsボードにするか、針葉樹林合板にするか今も悩んでいますが、そこは作りながら決めていきたいと思います。

 

次の回は材料調達と内装の施工について書いていきます。

 

まだ完成してない現在進行形の記事になりますので、同じように物置を部屋っぽくしようと考えている方の参考になればと思います。

 

レザークラフトとは少し外れちゃいますがお付き合い下さい。

 

日曜大工をやってるだけの素人がどのようなものができるのか…。

素人目線でできるだけ分かりやすく記録していきます。

 

メインの使用工具はブランコの製作にも活躍してくれたこちら。

いつもDIYをする時にBLACK+DECKERのマルチツールにはかなりお世話になっております。DIY入門機としておすすめです。

 

 

 

 

 

新作のスマートフォンケース

いつも見ていただきありがとうございます。

 

革のワンコイン企画の絆創膏ケースは地味に売れてます。

残り17個になりました。

 

先着17名様、まだまだ購入のチャンスはありますよ!(笑)

 

これ結構デザインは好評なんですよ。

絆創膏ケースの中で一番オシャレって言っちゃった手間、そこはちょっと嬉しいです。

 

なので、このデザインのシリーズも広げてみようかなって思いました。

 

ワンコインで提供するには難しいのですが、スマホケースを作りました。

 

私はちょっと前までずっと手帳型のスマホケースを使っていました。

 

手帳型のケースを使っている人のあるあるかもしれないですが、携帯を見る度にいちいち開いたりするのって面倒じゃないですか?

 

そして、行き着いた先は「携帯を保護できればいいや」って、ハードケースをつけるだけになってました。

 

そうゆう方って実際多いと思ってます。

 

この快適さに慣れると逆に手帳型には戻れなくなってしまいますよね。

 

この新作のスマートフォンケースは、使い勝手は損なわずに一気にオシャレになります。

 

それに、Suicaなどのカードも収納できるようにしました。

 

オシャレ+カード収納なんてちょっと魅力的ですよね。

 

その作品がこちら

ちゃんと絆創膏ケースのデザインですね。

f:id:t-kleft:20200912120611j:image

裏面です。

f:id:t-kleft:20200912120631j:image

カードも入ります。

f:id:t-kleft:20200912120832j:image

私のiphone8を装着するとこんな感じ

f:id:t-kleft:20200912120946j:image

 

普段は画面を上向きにしてますが、画面を下にして見せたくなる気分になります。

 

もっと可愛いのがいいって要望にはこちら。

赤のiphone7/8を使用している女性に特にオススメです。

f:id:t-kleft:20200912122015j:plain

裏面の写真です。

f:id:t-kleft:20200912122102j:plain

カードも収納できます。

f:id:t-kleft:20200912122152j:plain

赤のiphoneとは相性バッチリです。

f:id:t-kleft:20200912122247j:plain

販売も予定しておりますので、気になった方はよろしくお願いします。

 

販売、オーダー依頼はこちらhttps://minne.com/@tatsuchika

インスタグラム 

https://www.instagram.com/tklef

 

皆様に世界で一つの作品を…。

ワンコイン革小物企画!!

いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。

理想の二つ折り財布も多数オーダーいただき感謝です。

 

今回はワンコイン革小物企画のご紹介です。(宣伝です)

 

私はレザークラフトの魅力に取り憑かれ、革製品がもっと好きになりました。

そんな革製品の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい。

 

というわけでワンコインで購入できる革小物を提供していこうと思います。

 

「どんなモノを作ろう」って考えたところ…。

ガラスのポットを流しで洗ってたら、突然割れたんです!?

割れた勢いで人差し指の付け根を切りました。

絆創膏を探しましたが、絆創膏が無い!!!!

それで急遽買いきました。

 

絆創膏を貼って事なきを得ましたが、世間の皆様は絆創膏を普段から持ち歩いているのでしょうか?

 

私は、ここ数年絆創膏を使った記憶がなく、家に常備すらしてありませんでした。(笑)

今回、絆創膏のありがたみを感じ、備えとして普段から持ち歩こうと思いました。

 

前置きが長くなりましたが、今回第一弾は絆創膏ケースです

せっかく作るなら、絆創膏ケースの中で1番シャレたモノを作りたい。

そんなこだわりから生まれたのがこちら。

f:id:t-kleft:20200905194049j:image

f:id:t-kleft:20200905194141j:image

自称ですが、絆創膏ケースの中でいちばんオシャレです。(笑)

そして、今回はなんと裏面に綿棒を収納できるようにしました。

傷口の消毒なんかにも使えますよね。

綿棒が落ちないように配慮もしてあります。

f:id:t-kleft:20200905194108j:image

f:id:t-kleft:20200905194216j:image

f:id:t-kleft:20200905194522j:image

※綿棒は衛生面を考え、一つ一つ個包装してあるものを使用下さい。

 

絆創膏は5枚以上収納可能です。(詰め込めば10枚程)

綿棒は4本以上収納できます。

 

今回の絆創膏ケースはワンコイン(500円)では安すぎだと思ってます。

もちろんワンコインだからって、妥協せずに製作します。

それは、購入していただければ実感していただけると思っています。

 

ただ、コストの削減の為に2つだけご了承いただきたいことがあります。

それは、財布やバッグ、他の小物を製作した際のハギレやシボが強く出ているところの革を使用させていただいていていること。

また、ハギレの材料の関係で色の組み合わせはお任せにしていただきたいこと。(写真のような茶、黒をメインとした3色の革を使用した作品をお届けします。)

色はお楽しみという形で楽しんでいただけたらと思います。

革の品質はしっかりとした本革を使用させていただいているので変わりません。

 

今回は限定20個くらいで予定しています。(続けられそうなら継続していきます)

 

「何で第一弾が絆創膏ケースやねん!!」っていうツッコミを受けそうですが、初回はあんまりレザークラフトでも見かけないニッチなところを攻めていきます。(笑)

多分、絆創膏や綿棒はポーチとかに入れて、専用のケースを持っている人は稀では?

 

「絆創膏ある?」って聞かれて、このケースを出したら

「どこで買ったん」って聞かれるのは間違いなしです。(笑)

「これいくらしたん?」

「500円」って言ったらKO間違いなしですね。

どこで購入したか丁寧に教えてあげて下さい。(笑)

 

そんなやり取りを想像しながら心を込めて製作をさせていただきます。

 

販売、オーダー依頼はこちらhttps://minne.com/@tatsuchika

 

インスタグラム https://www.instagram.com/tkleft

 

日々の感謝を込めて。

皆様に世界で一つの作品を…。

 

新作のキーケース

前回の記事でキーケースを製作したことを話しましたので、今回はそちらの紹介です。

 

今回のキーケース製作のコンセプトは主に以下の4つです。

①鍵が最低3つは収納可能なこと。

②車のスマートキーが収納可能なこと。

③運転免許証が収納可能なこと

Suicaなどの電子マネーが収納可能なこと(パスケースの機能)

この4つの機能をまとめる事で持ち物を減らすっていう目的もあります。

 

③、④については、家の鍵や車のスマートキーは必ず持ち歩きますよね。

キーケースの方に運転免許証を入れておけば、免許の不携帯も防げます。

パスケースとしてSuicaも持ち運べれば定期も一緒に携帯できます。

 

シンプルにキーケースってだけの機能もいいと思います。

でも私は1つのモノにいろんな機能がついているモノを好む傾向があるようです。

車でもセダンじゃなく、車中泊ができるミニバンを選んでしまったり。

欲張りなのかもしれません。

 

ハンドメイドは「自分の思ったモノを形にできる」ってことも醍醐味だと思います。

なので、しっかりとコンセプトを持って製作することも面白いですよ。

①デザインや形はどんなモノがいいのか

②型紙を作る時に全部が収納された時の厚みを考える

(これ結構重要で、紙と革では厚みも違うし、紙を折るのと革を折るのでは誤差が生まれます。そういう条件も考慮して型紙は製作しなければなりません。)

③実際の使いやすさはどうか

 

そうやって自分が思い描いていたモノが形になった時、「できたー」っていい達成感を得られます。この達成感が次のモノを生む意欲に繋がっていきます。

 

ハンドメイドの面白さは、さっき挙げた4つのコンセプトを考えた時、人それぞれで色々な形のキーケースが出来あがってくる可能性があるって事です。

 

つまり、正解なんて無いって事ですよね。

 

失敗を繰り返しながら楽しめればいいと思います。

もうすぐできるって所で失敗していることに気づくとテンションめっちゃ下がりますけどね。

先に縫っちゃいけない所を縫ってたり、穴開けちゃいけない所に穴開けてたり…。

実際そんなことばっかり繰り返しながら製作してます。(笑)

 

前置きが長くなりましたが、今回のデザインは前に作ったL字ファスナーコインケースの型紙

をそのまま使うことにしました。

パスケース機能も付けてるし、様々な方から使いやすいと好評をいただいているモノなので、この形を採用することにしました。実際にサイズ感がちょうど良くて、材料があったってのも理由にはなってます。

それがこれです。

f:id:t-kleft:20200903063657j:plain

f:id:t-kleft:20200903063553j:plain

実際に作ったキーケースがこちら

f:id:t-kleft:20200903064118j:plain

中身はどうなっているかというと

f:id:t-kleft:20200903064152j:plain

Suicaも携帯できます。

f:id:t-kleft:20200903064328j:plain

しっかりと4つのコンセプトは満たされていますよね。

①鍵が最低3つは収納可能なこと。(収納できてます)

②車のスマートキーが収納可能なこと。(収納できてます)

③運転免許証が収納可能なこと(収納できてます、他にもカードが収納できます)

Suicaなどの電子マネーが収納可能なこと(収納できてます)

 

こんな感じで私の不満は解消され、持ち物も減らすことができました。

 

皆様も各々のレザークラフトライフを楽しんでみて下さい。

 

作品に関するお問い合わせ等はこちらまで。

販売、オーダー依頼はこちらhttps://minne.com/@tatsuchika

 

インスタグラムはこちら 

https://www.instagram.com/tkleft

フォローもよろしく願いします。

新作の三つ折り財布

新作の三つ折り財布ができました。

 

私は普段は

①メインの二つ折り財布

(販売している理想の二つ折り財布です。)

②パスコインケース

③キーケース(スマートキー含む)

④携帯

この4つをポケットに入れて持ち運んでます。

 

これってポケットがいっぱいで座る時に後ろのポケットのモノは出さなきゃいけないんです。

 

毎回それが手間になってきて、持ち物を1個でも減らせるように、自分用にの三つ折り財布を作りました。

 

構想的にはこんな感じです。

①小さくてもメインで使える財布

②パスケースとキーケースの機能が備わったパスキーケース(運転免許証も入れる)

③携帯

 

①、②ともに完成したのですが、今回は①の三つ折り財布の紹介です。

 

そんなん「メインの財布1個持ってればいいやん」って言われそうですが…。

 

もちろん二つ折り財布は使いやすくてそれだけけで解決しちゃうかもしれないですが、サイズを追求したくなるんです。

 

多分、レザークラフトをやっている方なら「小さくて使いやすいモノを作りたい」って一度は思うはず。

 

「どこまで小さくできるかな」って。

 

三つ折り財布のメリットはコンパクトだと思います。

 

一番のデメリットは、カードがあまり入らないってことだと思うんです。

 

これがメインの財布から少し遠ざかってしまう要因の気がしてます。

 

そんな三つ折り財布を長財布や二つ折り財布と同じようにメインで使えるようにしたい。

 

そんなコンセプトで作りました。

 

先に言っておきます。

 

今回作った三つ折り財布にはカードが11枚入ります!?(詰め込んだらもっといけるかも)

 

外観はこんな感じ。

f:id:t-kleft:20200831000114j:image

普通の三つ折り財布ですが。

f:id:t-kleft:20200831000110j:image

中はどうなってるのでしょうか。

スタイリッシュに仕上がってます。

f:id:t-kleft:20200831000315j:image

何故かコイン部とカード部がパカパカします。

f:id:t-kleft:20200831000436j:image

ちゃんとカードが11枚入りましたよ。

f:id:t-kleft:20200831000540j:image

カード部には10枚と切り込みを入れた所に1枚Tカードを入れてます。(計11枚)

切り込み部分は取り出しやすいので、よく使うカードをいれます。

 

コイン部も広いマチ付きで取り出しやすそう。

f:id:t-kleft:20200831000814j:image

パカパカさせてる理由は?

f:id:t-kleft:20200831000959j:image

なんと裏返せはカード部がメインに!?

10枚まとめて入れてる分、取り出すのはちょ大変?

 

でも、紙幣の下に付いてるストッパーで紙幣は落ちません。

紙幣は気にせず、カードを探せます。

これがパカパカの理由でした。

 

紙幣だって取り出しやすいですよ。

f:id:t-kleft:20200831001622j:image

 

こんな感じで、三つ折り財布のデメリットであるカードの容量問題も解決し、使いやすい三つ折り財布ができました。  

 

正直なところ納得のいく財布ができたと思ってます。

 

この使いやすさをもっと知っていただきたいので、動画も作ってしまいました。

 

動画はインスタグラムで公開します。

インスタグラム

https://www.instagram.com/tkleft

あわせてフォローもよろしくお願いします。

 

製作にお時間はいただきますが、「理想の三つ折り財布」として販売もさせていただきます。

色は、黒、キャメル、焦げ茶を予定しています。

 

販売、オーダー依頼はこちら

https://minne.com/@tatsuchika

 

是非よろしくお願いします。

 

皆様に世界で一つの作品を…。

イヤホンコードホルダー

「ブログ始めました」と告知をいっぱいしておきながら、全然更新してませんでした。

 

色々やりたいこともあるのですが、全然できないですね。

 

レザークラフトに没頭すると一日なんてすぐ終わってしまいますし…。

他にもやらなきゃいけないことはあるわけで。

家事とか洗濯とか…。

 

そんな中でも着実に一つ一つ形に残せていければいいなって思ってます。

 

友達とか知り合いに知らせずに、0からインスタを始めてみて、フォロワーさんももうすぐ100人くらいになります。

 

趣味の延長から製作した作品に対して「いいね」を頂けるのは本当にありがたいです。

 

フォローしていただいた方や「いいね」を頂ける方にこの場を借りてお礼を言わせて頂きます。

 

ありがとうございます。

 

ちょと前まではインスタなんて絶対やらないって言ってたのに…。

 

やってみると世界中の人と繋がれたり、色々な方の作品も見ることができたりして、自分の世界が少し広がった感じがします。

 

英語でメールなんて頂いた時には、焦りましたね。

 

その節はGoogle翻訳に大変お世話になりました。(笑)

 

普段英語なんて使ってないと

Nice to meet you.って言われただけでも「何て返せばええんやったっけ??」ってなりますよね。

 

へんな返し方をしちゃったら恥ずかしいって思ってるくせに、実際自分の返答が合ってるのかどうかすら分かってなかったりして。(笑)

 

どうしょーもないですよね。

 

もし英語でトンチンカンな返答をしてもGoogle翻訳は悪くないです。

 

それは私がトンチンカンなだけですから。(笑)

 

むしろトンチンカンの使い方が合ってるのかどうかすら微妙やし。(笑)

 

話が全然まとまらない。

 

とりあえず、イヤホンコードホルダーにいろんな色が増えましたって事が言いたかったんやった。

 

無理矢理かよっ!って突っ込んでみる。(笑)

 

f:id:t-kleft:20200827221145j:image

f:id:t-kleft:20200827221227j:image

 

使い勝手の良いものに仕上がってますので、イヤホンコードを纏めたいなって思ったそこのあなた。是非一度試してみて下さい。

 

あともう一つ。

実現できるかは分かりませんが、フォロワーさんが150人くらいになったらプレゼント企画とかやってみたいなって思ってます。

 

これからも写真はUPしていきたいと思ってますので、お気軽にフォローをお願い致します。

 

まだSNSに慣れませんがよろしくお願い致します。

 

皆様に世界で一つの作品を…。